ブログ

給与制度で自律を推進するには?

  • カテゴリ:給与制度

前回までで、給与制度を構築する3つの基本方針である

 

1.不満の解消を目指さない
2.モチベーションの向上を目指さない
3.自律への意識変革を目指す

 

を、すべて説明しました。

今回は、給与制度のなかに「自律への変革」というメッセージをどのようにして込めるかについて述べたいと思います。

 

自律の反対は「他律」で、言い換えると「他者依存」です。

 

給与に関する他者依存の考え方の代表例は、

「どうやったら給料が上がるのか、会社(上司)が示すべきだ」
「どうやったら評価が上がるのか、会社(上司)が示すべきだ」

という考えです。

 

この考え方は、かなり根深く社会のなかに染み付いています。

経営者や人事部も、この考え方を前提にして人事制度を設計し、「どうやったら給料や評価が上がるのか」を明確にするための人事制度を模索しています。

だから、多くの人は、この考え方を疑いもなく主張するのです。

 

しかし、この考え方は、他者依存の何物でもありません。

 

もし、企業経営者が、

「どうやったら売上が上がるのか、誰か教えてください」
「どうやったら利益が上がるのか、誰か教えてください」

と言ったならば、「なんと他人任せな経営者だ」と思うのではないでしょうか。

 

この企業経営者の考え方と、

どうやったら給料(評価)が上がるのかを会社や上司に示してほしい、示すべきだという考え方は、

本質的には同じです。

 

つまりは、他者に依存しているということです。

 

もう少し正確に言うと、

『他者依存の思考特性を持つ人は、こういう考え方になりやすい』

と言えます。

 

このような考え方でも、やりがい・生きがいのある人生になるのであれば問題ないのですが、残念ながら、そうはなりません。

他律的な価値観の行き着くところは、不平、不満、グチ、嫉妬、批判、やらされ感、ズル、不正などの人生を不毛にするものばかりです。

 

したがって、「自律」のメッセージを給与制度に込めるには

「どうやったら給料が上がるのか、会社(上司)が示すべきだ」
「どうやったら評価が上がるのか、会社(上司)が示すべきだ」

という考えが「他者依存」「甘え」だと宣言しなければなりません。

 

そして、まずは社員一人ひとりが他者依存を捨て去り、

『自分が会社にどんな貢献をするのか』

を、自分で考えて、自分で決めることを求める制度にするべきです。

 

これは、社員さまにとって大変厳しいように映るかもしれませんが、他律的な価値観のままでは、豊かな職業人生にならないのです。

自分の人生を自分の力で切り拓いていく決意がなければ、真の意味での生きがいや働きがいを感じることができないのです。

 

自分の人生を自分で切り拓く意識を持つ、つまり「自律」すると、いただいた給料に対して、満足と感謝の気持ちが湧いてきます。

逆に言うと、精神的に自律しなければ、どれだけの額のお給料をもらっても、満足も感謝もありません。

 

「自律」か「他律」か・・・心の働きのほんの小さな違いによって、人生が変わっていきます。

社員さまの人生のためにも、給与制度には「自律への変革」のメッセージを込めてもらいたいと思います。

 

次回は、「自律」というメッセージをより際立たせるために、給与の定義を大胆に変える提案をしたいと思います。

ブログ blog

月別アーカイブ

メールセミナー

お名前(姓)
お名前(名)
E-mail
都道府県
生きがいラボ株式会社
受付時間 /平日 9:00~18:00