ブログ

キャリアデザインで一番大切なこと

  • カテゴリ:キャリア開発制度

先週は、名古屋のお客様の全社員さんに向けて

キャリアデザインのワークショップをさせていただきました。

 

当社の「No Rating(ノーレイティング)型人事制度」と従来型人事制度では、

最大の相違点が「給与の決め方」になりますので、

給与制度のことをお伝えすることが多くなるのですが、

 

私が一番大切だと思っているのは「キャリア開発制度」です。

 

 

■キャリア開発と人材育成の違い

 

私のなかでは、「人材育成」と「キャリア開発」は別だと考えています。

 

何が違うかというと、「主体」が違います。

 

人材育成は、「会社」が主体であり、

会社の経営目標を実現するための会社が行う取り組みです。

 

一方で、キャリア開発の主体は「社員さん一人ひとり」であり、

社員さんが自分の人生(キャリア)の目標を実現するための取り組みです。

 

会社は、そのサポートをするということになります。

 

どちらも大切なことだと思いますが、

これからの時代は、

 

人材育成よりもキャリア開発の方が大切だと考えています。

 

なぜ、キャリア開発の方が大切かというと、

キャリア開発の方が「内発的動機づけ」が高まるからです。

 

人材育成は、会社側が主体ですから、

社員さんからすると受け身の姿勢になりやすくなります。

 

一方で、キャリア開発は、社員さん側が主体であり、

社員さんが自分で考えて自分で決めることになりますので、

 

内発的動機づけが高まるのです。

 

 

■キャリアデザインで一番大切なこと

 

キャリアデザインのワークショップでは、

 

WILL(やりたいこと)」

MUST(やるべきこと)」

CAN(できること)」

 

を考えていくという、オーソドックスなプロセスを行います。

 

そのなかでも、私が一番大切だと考えているのが「WILL」で、

 

自分はどんな時に喜びを感じるのか?

自分の人生をどうしたいのか?

自分はどうありたいのか?

 

という『問い』を内省することです。

 

これらの問いは、非常に深いテーマですので、

たかだか半日のワークショップで明確になることは難しいですが、

 

この「WILL」がはっきりと描けることによって、

周りの環境に流されない「自分」を築くことができます。

 

逆に、自分のやりたいこと(=WILL)が描けていないと、

 

周りの声(=MUST)に流されてしまったり、

現状(=CAN)の延長線上でしかキャリアを描けなかったり、

 

自分らしいキャリアには到達できないように思います。

 

 

この理由で、「生きがい」にあふれる人生を応援するために、

 

当社の「No Rating(ノーレイティング)型人事制度」では、

キャリア開発制度を重要視しています。

ブログ blog

メールセミナー

お名前(姓)
お名前(名)
E-mail
都道府県
生きがいラボ株式会社
受付時間 /平日 9:00~18:00