ブログ

給与への不満の原因Ⅰ

  • カテゴリ:自己申告型給与制度

前回から引き続き、『給与制度』についての私の考えを発信していきたいと思います。

 

前回の結論としては、

 

☆ 理想の給与制度など「ない」「ありえない」

 

☆ 給与についての不満は決してなくならず、どんなに制度を工夫しても、全社員が満足することなどない

 

という私の見解を申し上げました。今回はその理由です。

 

 

給与への不満 ベスト3

 

私は、人事制度構築コンサルティングに入る前に、

できる限り多くの社員さんと一対一の面談をさせていただきます。

 

今までに1,000名以上の社員さまとお話してきました。

 

私はそもそも、社員さんを大切にする企業としかお付き合いしませんので、

ほとんどの社員さんは会社に対して前向きな感情を持っています。

 

しかし、会社に対しての不満などもお伺いすることがあります。

 

 

不満の対象で割合の多い項目ベスト3を挙げると、

 

■ 休日数(有給休暇を含む)について
■ 労働時間について
■ 給料について

 

という、労働条件に関する不満が多数を占めます。

 

そのなかで、今回は「給料」について扱うのですが、

たくさんの社員さん面談をさせていただいて感じることは、

 

給料への不満は「金額」そのものへの不満ではない

 

ということです。では、何が原因かというと、大きく2つあると考えています。

 

 

給与への不満の原因

 

まず一つ目は、『嫉妬』という感情です。

 

給料への不満について深く聴いていくと、

ほとんどの場合、何かと「比較」して不満を持っています。

 

たとえば、

 

社内の誰かであったり、
社外の同世代の友人であったり、
ニュースで流れる春闘のベースアップ額・定期昇給額、
大手企業のボーナス額、

 

など、自分の給与額・賞与額をこれらと比較して、

『自分の給与額は少ない』という漠然とした不満を抱いているのです。

 

そして、その根っこにある心理は、

自分よりも給料で恵まれている者に対する「嫉妬」です。

 

嫉妬が原因であれば、比較する対象は無限にあるわけですから、

給料に対する不満が消えることはありません。

 

給与額が増えたとしても、比較の対象が変わるだけで、

決して満足することはないのです。

 

給与制度を工夫しても、不満が消えることはありません

 

給与に対する不満の原因がもう一つあると考えているのですが、

今回は少々長くなりましたので、次回に述べたいと思います。

ブログ blog

メールセミナー

お名前(姓)
お名前(名)
E-mail
都道府県
生きがいラボ株式会社
受付時間 /平日 9:00~18:00