ブログ

理想の給与制度とは?

  • カテゴリ:給与制度

今回から数回にわたって、「給与制度」についての私の考えを発信していきたいと思います。

 

私が提唱する「逆発想の人事制度」が、従来型人事制度と最も大きく異なるポイントが、

「評価と給与が分離している」

ということです。

 

一般的な人事制度のように、評価制度で社員さまに点数をつけて、その点数に連動した処遇(昇給額・賞与額)に差を設けることが、いかに社員さまのモチベーションに悪影響を与えるかについては、心理学や脳科学によって、学術的に証明されています。

私の経験でも、人事に携わる方々に「評価と給与の分離」の考え方を説明しても、学術的に理に適っていることもあり、ほとんどの場合はご納得いただけます。

 

しかし同時に、「どうやって給料を決めるの?」とほとんどの方が疑問に思われます。

その疑問は当然で、「給料は評価結果によって決める」ということが、人事制度の世界では当たり前の常識だからです。

 

今回から数回かけて、「評価と給与の分離」についての最大の疑問点である

「人事評価を使わずに給与をどうやって決めるのか?」

について述べていきたいと思います。

 

まず、大前提として考えなければならないのは、

『理想の給与制度とはどんな制度なのか?』

ということです。

 

「理想」ということですから、

□ 全社員さまが給与額に大満足し、感謝の気持ちを持っている
□ 会社が長期的に支払い続けられる人件費枠に収まっている

という、少なくともこの2つの条件を満たしていると言えます。

 

これまで人事制度に携わってきた者は、この2つの条件を満たすような人事制度を構築するために、

職務遂行能力・コンピテンシー・職務・役割・責任・成果などのさまざまな評価基準(給与額の根拠)を考案したり、

経営成績を透明化して、人件費(主には賞与原資)の妥当性を理解してもらおうとしたり、

ありとあらゆる工夫を行ってきたわけです。

 

すこし乱暴に断定してしまうならば、人事制度の歴史とは、

『理想の給与額を算出する仕組み』

を追い求めてきた歴史である、と言っても過言ではありません。

 

言い換えるならば、理想の給与制度が「存在する」という立場を採ってきたということです。

 

しかし、私はまったく逆の考えであり、逆発想の人事制度では、

☆ 理想の給与制度など「ない」「ありえない」
☆ 給与についての不満は決してなくならず、どんなに制度を工夫しても、全社員が満足することなどない

という立場を採ります。

 

なぜ、私がそういう立場を採るに至ったかの理由については、次回に述べたいと思います。

ブログ blog

メールセミナー

お名前(姓)
お名前(名)
E-mail
都道府県
生きがいラボ株式会社
受付時間 /平日 9:00~18:00