ブログ

給与制度構築の方針Ⅲ

  • カテゴリ:給与制度

前々回・前回で、給与制度を構築するときの3つの基本方針のうち

 

1.不満の解消を目指さない

2.モチベーションの向上を目指さない

 

を説明してまいりました。

 

給与制度の設計思想として、「不満解消」「モチベーション向上」を掲げるのが普通なのですが、

前回まででお伝えした通り、「不満解消」や「モチベーション向上」を目指した給与制度では、皮肉なことに、不満は高まり、やる気が高まることはありません。

では、給与制度を構築するときに、何を目指すべきかですが、それが今回のテーマとなります。

 

給与制度を構築するときの3つ目の方針は、

 

「自律」への意識変革を目指す

 

ということです。

 

これまで述べてきたように、給与に関する不満のほとんどは、精神的な未成熟が原因です。

自分の組織への貢献度や市場での価値などを客観的に分析し、給与への不満を述べる人とお会いしたことがありません。

 

貢献意欲や成長意欲が高く、権利より責任を重んじている人は、自分が受け取っている給与額に満足している傾向が強いです。

つまりは、精神的に自律している人は、給与額の多寡に関わらず、現状の給与額に満足するものです。

満足どころか、感謝の気持ちも持っています。

 

もちろんそういう人は、大切な人材として認識されていますから、適正な給与をもらっていることも多いのですが、それは、給与が高いから自律的な意識になったのではなく、自律的に仕事をしているから給与が高くなったのです。

 

給与への満足が生まれる唯一の条件は、社員一人ひとりが精神的に「自律」することだと考えています。

だから、給与制度を構築するときには、「不満の解消」や「モチベーション向上」を目指すのではなく、「自律への変革」を強烈に打ち出すことを目指すべきです。

 

「自律への変革」というメッセージを、どのようにして給与制度に込めるかについては、次回に解説します。

ブログ blog

メールセミナー

お名前(姓)
お名前(名)
E-mail
都道府県
生きがいラボ株式会社
受付時間 /平日 9:00~18:00